けけらの河童と13人の魔法使い


"渡邊被告は冗談めかして東京拘置所を「ホテル東拘イン」と呼んでいるのだが、聞いてみると彼はこれまでエアコンの効いた部屋で暮らしたことがなかったという。年収200万を超えたことがないという、ワーキングプアともいえる生活を長いこと送ってきた彼にとっては冗談でなく本当に拘置所は快適らしい。"
— 2 days ago
"ボードゲーム文化の敵は駄目なゲームでなく、むしろ良きゲームだ。市場に出回るほとんどのゲームは良いゲームであり、むしろ大量に良作があふれている事の方が問題である。かつてのようにベストなゲームを選ぶことは難しく、大量の良いゲームの中から特定のスタイルを選んでいるだけだ。"
— 3 days ago
"自分の頭で考える人。そして愚かなことを信じない人だ。愚かなことというのは、当たり前になってしまって、ただ繰り返されてきたことでしかないからね。"
— 3 days ago
"その発想の中心にあるのは「プロセス指向」だ。つまり、データ処理の過程を支援するために主キーが設定される。したがってプログラムを構想する過程で、処理されるテーブルの主キーが「進化」する。そして、主キーに関するここらへんのビミョーな事情が文書化されることもないだろうから、設計者がプロジェクトから離れたとたんに保守性が低下してゆく。あとに残るのは設計意図が不明な巨大DBだ。"
— 1 week ago
"

ここでなぜ、我々がむかつくのか考えてみます。

日本の宗教観では、死んだら罪は許されます。逆に「死んで罪を償う」という考え方があります。

しかし安らかに死ねなかった場合、非業の死を遂げた人が悪霊とならないように神社に祀(まつ)ってしまいます。

靖国の戦犯も同じで、「死んだらみな仏」「神として祀るから祟らないでね」との気持ちで祀っているのです。日本人であれば納得のロジックです。

しかし外国人にしてみれば、犯罪者や反逆者を神として「神として祀る」のは信じられないかもしれません。

日本人は自分で気づかないほど、強固で独特な宗教観を持っています。

これはディープな話になるので別の機会で詳しく述べますが、日本人は決して無宗教ではありません。日本人ほぼ全員が山本七平氏が言うところの「日本教」の教徒なのです。

これは外国人と接したり、歴史・文化・宗教について深く考えた人ほど思い当たる節が多いと思います。

日本教には経典がありません。儀式もありません。宗教警察も宗教裁判所もありません。

子供が生まれたときからその「布教」は始まっており、無自覚のまま死んでいきます。

日本人は生活や仕事すべてが宗教的です。

村八分にされるのも、能力や業績で出世が決まらないのも、日本では宗教的態度が一番の問題となるからです。

日本で世界宗教会議が開かれるのは、日本人が無宗教だからではありません。他宗教も矛盾なく受け入れられる強固な宗教なので、問題にならないのです。

「自分たちの独特で強固な宗教観に日本人自身が無自覚」これが第一のポイントです。

"
— 1 week ago with 1840 notes
"種を明かすと、単語をMD5でhash化した値をURIの一部に使うような CMS がけっこーあるんだそうです。つまり、世界中でそういう CMS が使われてるってことは、世界中で MD5 変換データがせっせと作られてて、さらに Google がその変換データを検索しやすいようにせっせと indexing しててくれてる、という、分散コンピューティングと言うか web 2.0 と言うか集合知と言うかまあなんかそんな感じの素晴らしい状況が作り出されてるわけですな。"
— 2 weeks ago
"芸術は特別じゃない。
おいしい食べ物や女の子と同じように素敵なだけだ。"
— 2 weeks ago with 751 notes
"実験では、学生を整理整頓された部屋と散らかった部屋に分け「今までにない、新しいピンポン玉を作れ」というミッションを与えた。 すると、前者のグループは既存の枠組みから抜け出せず、アイディアを完成させることも出来なかった。それに対し、後者のグループは誰の目から見ても斬新なアイディアを思いついたのである。 この他にも、綺麗な部屋で過ごす人は伝統的なものを、散らかった部屋で過ごす人は最新のものを選ぶ傾向にあることが分かった。"
— 2 weeks ago with 512 notes